敏感肌のメイクまめ知識記事一覧

敏感肌の人は、メイクで肌が反応してしうことを恐れて、メイクをしない人もいるようです。医師でもメイクしないほうがいいという人もいます。ですが自然の刺激でも汚れた外気や紫外線など、逆に敏感肌によくない刺激も存在しますので、外からの侵襲を防ぐためにもメイクをしたほうがよいと思われます。最近の化粧品はいろいろな種類があり、敏感肌にもやさしいものも多くあると思います。その際に注意する点として、下地には遮光性...

敏感肌は、皮膚が薄く、バリア機能が弱いとされています。そのため、敏感肌の方がメイク時に最もしてはいけない行為が「こする」ということ。こすると皮膚表面のバリアがより一層失われ、荒れの原因になってしまうからです。特に頬や目の周りは敏感になりがちです。こするものなら、ヒリヒリとした不快感を覚える方が多いのではないでしょうか。そこで、敏感肌の場合、一番気をつけることが「ファンデーションの塗り方」です。リキ...

目に力がない、ひ弱に見られてしまうなど、目のまわりが敏感肌で、中々メイクが決まらないという人は少なくありません。メイクのまわりを、つい濃くしてしまいがちな人は多くいるのではないでしょうか。ナチュラルメイクでも、目力に見せる方法は、いくつかあります。目力に見せるカラーは、赤やピンク色のものは避けることです。そのカラーを使用したために、腫れぼったい感じになってしまい、余計に目力を感じなくなってしまいま...

敏感肌の方はどうしても化粧品の成分に肌が反応してしまったりするので、ベースメイクを敬遠する方が多いですが、敏感肌でも安心してできるベースメイクの方法があります。まずは素肌とメイクの間にクッションを作る方法です。お肌に化粧水や乳液をつけた後、そのまま化粧下地やベースメイクをすると、ベースメイクの成分が肌に浸透しやすく、かぶれや肌荒れの原因になりかねません。そこで、化粧下地の代わりにワセリンや油分の多...

敏感肌の人はスキンケアだけでなくファンデーションやアイカラー7、チーク、メイク用品にも気を使う必要があります。新しいコスメを購入するときは必ずカウンターやネットで買いたい商品の無料サンプルをもらってパッチテストを行って問題がなければ購入するようにしましょう。また化粧品だけでなくチークブラシなどのメイク用品にも注意が必要です。気をつけたいのが特にチークブラシです。ブラシは肌への刺激が少ないものを選び...

肌荒れしているときのメイクってどうしてますか?私はほっぺから下は敏感肌、Tゾーンは油肌という混合肌なので、部分によって下地を変えてます。一番いいのはBBクリームのような、下地と美容液成分がMIXされているもの。これを頬から下、特にあごやあご下からデコルテ近くまでうすーく伸ばします。指で伸ばすことで、薄つきになるので、自然な肌に近いナチュラルな感じに仕上がります。頬から上、おでこや目の周りは、ブラシ...

敏感肌になっている原因は、主に水分不足だと言われています。乾燥しているため、肌を守るために必要な角質がはがれやすくなっているのです。そのため、まずはメイク前の保湿が重要です。朝の洗顔後、自分に合ったスキンケア用品でたっぷり保湿をしてあげましょう。朝パックもおススメです。肌が潤い、その後にするメイクの刺激をやわらげることができますよ。しかし、しっかり保湿をしたからといって乱暴にメイクをしては絶対にい...

敏感肌の方は、メイクをする際には化粧品の選び方や、実際のメイクの方法の他に、洗顔方法も工夫をすると肌にとってもより良いようです。敏感肌の方の肌は、外からの刺激に肌が反応してしまい、赤くなったり、ただれたりするため、できるだけ刺激にならない方法を行うべきなのです。よく言われているのは、できるだけきめ細かな泡の石鹸をもちいて、きめ細かく泡を作って、ごしごしぜずに優しく洗う。そしてすすぎも泡を残さずしっ...