敏感肌の方におススメなファンデーションの塗り方

敏感肌は、皮膚が薄く、バリア機能が弱いとされています。
そのため、敏感肌の方がメイク時に最もしてはいけない行為が「こする」ということ。
こすると皮膚表面のバリアがより一層失われ、荒れの原因になってしまうからです。
特に頬や目の周りは敏感になりがちです。
こするものなら、ヒリヒリとした不快感を覚える方が多いのではないでしょうか。

 

そこで、敏感肌の場合、一番気をつけることが「ファンデーションの塗り方」です。
リキッドファンデを使用する時には、ファンデを指の腹に取り、優しく塗ってあげましょう。
赤みやシミが気になるところには、重ねづけをすると効果的です。
その時は指先にファンデを乗せ、ポンポンと押すようにつけてくださいね。

 

パウダーファンデの場合は、第一に柔らかいパフを使うこと。
硬いパフは、たとえカバー力が上がるとしても、刺激の原因となってしまいます。
そして、肌につける時には、力を入れ過ぎないこと。
こすらないよう、肌表面に乗せるイメージでつけていくと良いでしょう。
最後の仕上げに、手のひらで覆うようにして密着させると、刺激も少なくフィット感が増しますよ。
これはメイク持ちも良くする、おススメの裏ワザです。

 

くれぐれもこすらず、美しい肌をキープしてくださいね。

関連ページ

敏感肌の人ほどメイクを
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の目力メイク
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌にも安心のベースメイクとは
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の人のメイクの注意点と赤みカバーのコツ
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌メイク
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌なら、まず保湿。そしてブラシ選びが大切です。
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の方の洗顔法
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。