敏感肌にも安心のベースメイクとは

敏感肌の方はどうしても化粧品の成分に肌が反応してしまったりするので、ベースメイクを敬遠する方が多いですが、敏感肌でも安心してできるベースメイクの方法があります。
まずは素肌とメイクの間にクッションを作る方法です。
お肌に化粧水や乳液をつけた後、そのまま化粧下地やベースメイクをすると、ベースメイクの成分が肌に浸透しやすく、かぶれや肌荒れの原因になりかねません。
そこで、化粧下地の代わりにワセリンや油分の多いクリームを塗ることで、メイクと素肌の間にワンクッション置くことをお勧めします。
ワセリンなどの油分の多いクリームは肌になかなか浸透しないので、ベースメイクを肌の上で留める効果があります。メイクの成分も浸透しなければ肌荒れすることはまず無いので、安心してお化粧を楽しむことができます。油分の多い下地ではメイクがよれるのでは、と思われがちですが、ポンポンと抑えるように付ければ、よれにくく綺麗に仕上がります。
肌の赤みのある部分が気になるけれど、コンシーラーが肌に合わない場合も、いつも使っているファンデーションをコンシーラブラシを使用して丁寧に重ね付けすることで対処できます。コンシーラブラシで丁寧に隠した後は、いつものファンデーションを塗り、ブラシで重ねた部分をそっと馴染ませておきます。最後に仕上げパウダーを薄く重ねれば、より崩れにくくなります。

関連ページ

敏感肌の人ほどメイクを
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の方におススメなファンデーションの塗り方
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の目力メイク
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の人のメイクの注意点と赤みカバーのコツ
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌メイク
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌なら、まず保湿。そしてブラシ選びが大切です。
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の方の洗顔法
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。