敏感肌メイク

肌荒れしているときのメイクってどうしてますか?
私はほっぺから下は敏感肌、Tゾーンは油肌という混合肌なので、部分によって下地を変えてます。

 

一番いいのはBBクリームのような、下地と美容液成分がMIXされているもの。
これを頬から下、特にあごやあご下からデコルテ近くまでうすーく伸ばします。
指で伸ばすことで、薄つきになるので、自然な肌に近いナチュラルな感じに仕上がります。

 

頬から上、おでこや目の周りは、ブラシを使って、BBクリームに近いテクスチャ・クリームファンデを筆でとんとんたたきながら入れていきます。
私の場合はこうやっていますが、敏感肌のゾーンによって変えてみてください。
敏感肌の部分は指でゆっくり、ちょっと強めなところは筆でしっかり。
こうすることでメイクがヨレにくく、しっかりカバーしてくれます。

 

しかもこれで、かなりカバーされるので、無駄にコンシーラーを使わずに済みます。

 

その後、軽めのお粉を、大きなブラシでささっとはたきます。
私はあご下からデコルテにかけては、パフを使って叩き込みます。
顔とデコルテの色やテクスチャが違っているのが、一番メイクしててみっともないことだと思うので…。

 

目の周りは肌がうすく敏感なので、できるだけお粉で出来ることをする、というのがポイントです。
リキッドアイライナーやペンシルアイライナーのほうがしっかりとシャープなラインをかけますが、肌にあわないとはれてきたりしてしまうので、主にアイシャドーでグラデーションをつけることで解決させてます。

関連ページ

敏感肌の人ほどメイクを
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の方におススメなファンデーションの塗り方
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の目力メイク
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌にも安心のベースメイクとは
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の人のメイクの注意点と赤みカバーのコツ
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌なら、まず保湿。そしてブラシ選びが大切です。
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。
敏感肌の方の洗顔法
敏感肌やアトピーなどで肌が弱い人にBBクリームはベストな選択。でも選び方を間違えるとかゆみや赤みが出て敏感肌の症状が悪くなることも。本当に肌に合うBBクリームを選べば肌はきれいに、敏感肌の症状も落ち着いてくるはず。敏感肌におすすめのBBクリームを紹介します。